奥手でも女性と楽しく話がしたい!

新しい出会いや恋人を作りたいと思ったとき、まず初めに心がけたいことはやはり「相手とのコミュニケーション」かと思います。
コミュニケーションを育むことによって、関係も進展しやすいですし、女性との距離感も近くなり恋人となれる可能性も出てきます。
とはいえ、中には奥手な男性もいらっしゃることでしょう。
話しかけるのも身構えてしまうなどという場合には、ちょっとしたコツやポイントを抑えることによって解消できるかと思います。
そんな方法について今回は具体的に考えていきましょう。

まずは挨拶と簡単な自己紹介

基本的なものではありますが、挨拶や簡単な自己紹介からはじめてみましょう。
こうした内容でしたら、口にも出しやすいことと思います。
さらには、自ら自己紹介をすることによって、相手の女性も簡単な自己紹介をしてくれるはずです。
例えば「住んでいる場所」などを含むことによって、もしかしたら相手との共通点や質問ポイントを見つけられるかもしれないのです。
そこから自然と話も広がりやすくなってくれることでしょう。

最初に伝えておくのも良い

例えば「女性と話す機会が少なくて、盛り上げられなかったらごめんね」などと素直に言ってしまうのもコツの1つでしょう。
相手の女性のタイプにもよりますので、ある程度の空気を読んでから発言すると効果的です。
最初に伝えることによって、奥手であることがマイナスに作用しにくいかと思います。
また、女性によっては「誠実だ」と感じることもあるようです。

会話の進め方について

実際の会話となると、何を話したらよいのかとためらってしまうこともあるかもしれません。
そのような時には、先にも少し出てきたワードですが「共通点」を見つけていただくのがよいでしょう。
共通点というものは、それぞれの距離を近くするばかりではなく、話が盛り上がりやすい要素でもあるのです。
それは小さなものでも構いませんので、やり取りの中から「小さなヒント」を探して見ましょう。

興味を持つこと

また「興味を持つこと」も大切です。
分からない話だからと軽く受け流してしまうのではなく、「興味があるから教えて欲しい」ですとか話に乗っていくこともまた大切といえるでしょう。
自分自身が楽しいと思えるのはもちろんですが、相手にとっても話しやすい環境であるか・楽しいと感じてもらえるかは重要です。
自分に興味があることを話すのは楽しいものですから、こうした引き出し方から話を広げていくのもよいのではないでしょうか。

褒めること

わざとらしい褒め方をする必要はありませんが、少しでも「いいな・素敵だな」と思うポイントがあれば褒めるように心がけてみてください。
「いいと思う」「可愛らしい」などという簡単な言葉で構わないのです。
相手の気持ちを高揚感を抱かせやすくなりますし、会話全体の空気もよいものとなってくれるでしょう。

ネタを仕込んでおくのも良い

もし、どうしてもその場にいくと緊張してしまって話が出てこないなどという場合には、事前に「話す内容・質問したいこと」などをいくつかピックアップしておくとよいでしょう。
空気に合わせてそれらを出していくことによって、話題がさらに広がるかもしれません。
また、沈黙状態になりそうだなと思ったときにこうしたものを用意しておくとスムーズに切り抜けられることでしょう。

恋愛を楽しむためにも重要なコミュニケーション

今回は、奥手な男性に送る話すポイントについて見ていきました。
どれも難しいことではありませんし、すぐに実践的に使えることばかりかと思いますので、ぜひとも活用させてみてください。
そして最後に「一言声をかける」勢いを持つようにしておきましょう。
これが大きな突破口となってくれます。